万葉集 第11巻 2677番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2677番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2677番歌

第11巻
歌番号 2677番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 佐保乃内従 下風之 吹礼波 還者胡粉 歎夜衣大寸
訓読 佐保の内ゆあらしの風の吹きぬれば帰りは知らに嘆く夜ぞ多き
かな さほのうちゆ あらしのかぜの ふきぬれば かへりはしらに なげくよぞおほき
英語(ローマ字) SAHONOUCHIYU ARASHINOKAZENO FUKINUREBA KAHERIHASHIRANI NAGEKUYOZOOHOKI
佐保の内を嵐が吹き抜ける季節になったので、帰りはいつになるやら分からず、嘆く夜が多くなった。
左注
校異
用語 地名、奈良県、女歌、閨怨
タイトルとURLをコピーしました