万葉集 第11巻 2542番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2542番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2542番歌

第11巻
歌番号 2542番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 若草乃 新手枕乎 巻始而 夜哉将間 二八十一不在國
訓読 若草の新手枕をまきそめて夜をや隔てむ憎くあらなくに
かな わかくさの にひたまくらを まきそめて よをやへだてむ にくくあらなくに
英語(ローマ字) WAKAKUSANO NIHITAMAKURAWO MAKISOMETE YOWOYAHEDATEMU NIKUKUARANAKUNI
若草のような新妻の手枕を巻いて(共寝した)彼女に幾夜も逢わずにいられようか。可愛くて仕方ないのに。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました