万葉集 第11巻 2543番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2543番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2543番歌

第11巻
歌番号 2543番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 吾戀之 事毛語 名草目六 君之使乎 待八金手六
訓読 我が恋ふることも語らひ慰めむ君が使を待ちやかねてむ
かな あがこふる こともかたらひ なぐさめむ きみがつかひを まちやかねてむ
英語(ローマ字) AGAKOFURU KOTOMOKATARAHI NAGUSAMEMU KIMIGATSUKAHIWO MACHIYAKANETEMU
こんなに恋い焦がれていることを、あなたの使いにいっそ話して慰めにしようかしらと思うのに、その使いさえなかなか来ず、もう待ちくたびれました。
左注
校異
用語 女歌、恋情、使者
タイトルとURLをコピーしました