万葉集 第11巻 2389番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2389番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2389番歌

第11巻
歌番号 2389番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 烏玉 是夜莫明 朱引 朝行公 待苦
訓読 ぬばたまのこの夜な明けそ赤らひく朝行く君を待たば苦しも
かな ぬばたまの このよなあけそ あからひく あさゆくきみを またばくるしも
英語(ローマ字) NUBATAMANO KONOYONAAKESO AKARAHIKU ASAYUKUKIMIWO MATABAKURUSHIMO
今宵はこのまま明けないで欲しい。朝赤みを帯びてくると、帰ってしまうお方、またいらっしゃる日までお待ちするのは辛い。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情、女歌、後朝
タイトルとURLをコピーしました