万葉集 第11巻 2765番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2765番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2765番歌

第11巻
歌番号2765番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文吾妹子尓 戀乍不有者 苅薦之 思乱而 可死鬼乎
訓読我妹子に恋つつあらずは刈り薦の思ひ乱れて死ぬべきものを
かなわぎもこに こひつつあらずは かりこもの おもひみだれて しぬべきものを
英語(ローマ字)WAGIMOKONI KOHITSUTSUARAZUHA KARIKOMONO OMOHIMIDARETE SHINUBEKIMONOWO
彼女に恋い焦がれて苦しむくらいなら刈り取った薦のように思い乱れたまま死んだ方がいい。
左注
校異
用語植物、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました