万葉集 第12巻 3060番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3060番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3060番歌

第12巻
歌番号 3060番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 萱草 吾紐尓著 時常無 念度者 生跡文奈思
訓読 忘れ草我が紐に付く時となく思ひわたれば生けりともなし
かな わすれくさ わがひもにつく ときとなく おもひわたれば いけりともなし
英語(ローマ字) WASUREKUSA WAGAHIMONITSUKU TOKITONAKU OMOHIWATAREBA IKERITOMONASHI
忘れ草を着物の紐に付けたけれど、時なしに恋い焦がれ続けるので苦しくて生きた心地がしない。
左注
校異
用語 植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました