万葉集 第12巻 2973番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2973番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2973番歌

第12巻
歌番号 2973番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 真玉就 越乞兼而 結鶴 言下紐之 <所>解日有米也
訓読 真玉つくをちこち兼ねて結びつる我が下紐の解くる日あらめや
かな またまつく をちこちかねて むすびつる わがしたびもの とくるひあらめや
英語(ローマ字) MATAMATSUKU WOCHIKOCHIKANETE MUSUBITSURU WAGASHITABIMONO TOKURUHIARAMEYA
紐に通した玉のように遠くの玉も近くの玉も結びあった、その下紐が解ける日があるだろうか。
左注
校異 之 [西(朱書消去)] / <> 所 [西(朱筆右書)][元][類][古]
用語 枕詞、恋愛、後朝、紐
タイトルとURLをコピーしました