万葉集 第12巻 2972番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2972番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2972番歌

第12巻
歌番号2972番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文赤帛之 純裏衣 長欲 我念君之 不所見比者鴨
訓読赤絹の純裏の衣長く欲り我が思ふ君が見えぬころかも
かなあかきぬの ひたうらのきぬ ながくほり あがおもふきみが みえぬころかも
英語(ローマ字)AKAKINUNO HITAURANOKINU NAGAKUHORI AGAOMOFUKIMIGA MIENUKOROKAMO
赤い絹のすべて一続きの布のように、末長くありたいと思っているあの方がなかなか来て下さらない。
左注
校異
用語衣、序詞、女歌、恋愛、不安
タイトルとURLをコピーしました