万葉集 第12巻 3179番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3179番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3179番歌

第12巻
歌番号 3179番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 留西 人乎念尓 蜒野 居白雲 止時無
訓読 留まりにし人を思ふに秋津野に居る白雲のやむ時もなし
かな とまりにし ひとをおもふに あきづのに ゐるしらくもの やむときもなし
英語(ローマ字) TOMARINISHI HITOWOOMOFUNI AKIDUNONI ゐRUSHIRAKUMONO YAMUTOKIMONASHI
家に留まっている妻のことを思うと、その思いは秋津野(あきづの)にかかる白雲のように止むときがない。
左注
校異
用語 序詞、地名、和歌山、吉野、奈良、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました