万葉集 第12巻 3049番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3049番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3049番歌

第12巻
歌番号 3049番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 櫻麻之 麻原<乃>下草 早生者 妹之下紐 下解有申尾
訓読 桜麻の麻生の下草早く生ひば妹が下紐解かずあらましを
かな さくらをの をふのしたくさ はやくおひば いもがしたびも とかずあらましを
英語(ローマ字) SAKURAWONO WOFUNOSHITAKUSA HAYAKUOHIBA IMOGASHITABIMO TOKAZUARAMASHIWO
桜麻の麻原の下草が知らぬ間に伸びるように、いち早くそれに気づいた私が行動を起こしたので恋仲になり、彼女が下紐を解くまでになった。もしも気づかなかったなら、そうはなっていなかったろうに。
左注
校異 <> 乃 [元][類][紀]
用語 序詞、恋情、植物
タイトルとURLをコピーしました