万葉集 第12巻 2944番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2944番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2944番歌

第12巻
歌番号 2944番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 人言 繁跡妹 不相 情裏 戀比日
訓読 人言を繁みと妹に逢はずして心のうちに恋ふるこのころ
かな ひとごとを しげみといもに あはずして こころのうちに こふるこのころ
英語(ローマ字) HITOGOTOWO SHIGEMITOIMONI AHAZUSHITE KOKORONOUCHINI KOFURUKONOKORO
人の口が激しいので彼女には逢わないようにし、心の中で恋い焦がれているばかりのこのごろです。
左注
校異
用語 うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました