万葉集 第12巻 2963番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2963番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2963番歌

第12巻
歌番号 2963番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 白細之 手本寛久 人之宿 味宿者不寐哉 戀将渡
訓読 白栲の手本ゆたけく人の寝る味寐は寝ずや恋ひわたりなむ
かな しろたへの たもとゆたけく ひとのぬる うまいはねずや こひわたりなむ
英語(ローマ字) SHIROTAHENO TAMOTOYUTAKEKU HITONONURU UMAIHANEZUYA KOHIWATARINAMU
人々は袖をゆったり広げ、安眠につく夜なんだろうが、この私は寝られずずっと恋続けることだろう。
左注
校異
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました