万葉集 第12巻 3030番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3030番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3030番歌

第12巻
歌番号 3030番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 念出而 為便無時者 天雲之 奥香裳不知 戀乍曽居
訓読 思ひ出でてすべなき時は天雲の奥処も知らず恋ひつつぞ居る
かな おもひいでて すべなきときは あまくもの おくかもしらず こひつつぞをる
英語(ローマ字) OMOHIIDETE SUBENAKITOKIHA AMAKUMONO OKUKAMOSHIRAZU KOHITSUTSUZOWORU
あなたのことを思い出してどうしようもない時は、雲の果てがどこか分からないように、どこまでも恋しさを募らせています。
左注
校異
用語 恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました