万葉集 第12巻 3135番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3135番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3135番歌

第12巻
歌番号 3135番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 近有者 名耳毛聞而 名種目津 今夜従戀乃 益々南
訓読 近くあれば名のみも聞きて慰めつ今夜ゆ恋のいやまさりなむ
かな ちかくあれば なのみもききて なぐさめつ こよひゆこひの いやまさりなむ
英語(ローマ字) CHIKAKUAREBA NANOMIMOKIKITE NAGUSAMETSU KOYOHIYUKOHINO IYAMASARINAMU
近くにいれば(逢わなくても)彼女の名前だけでも聞けば慰められた。が、今宵からは彼女恋しさがいっそうまさるだろう。
左注
校異
用語 羈旅、恋情、望郷、うわさ
タイトルとURLをコピーしました