万葉集 第12巻 2995番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2995番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2995番歌

第12巻
歌番号 2995番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 相因之 出来左右者 疊薦 重編數 夢西将見
訓読 逢ふよしの出でくるまでは畳薦隔て編む数夢にし見えむ
かな あふよしの いでくるまでは たたみこも へだてあむかず いめにしみえむ
英語(ローマ字) AFUYOSHINO IDEKURUMADEHA TATAMIKOMO HEDATEAMUKAZU IMENISHIMIEMU
逢う機会がやって来るまでは畳薦(たたみこも)を幾枚も編むように、せめて幾度も夢の中で逢えたらなあ。
左注
校異
用語 比喩、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました