万葉集 第12巻 3127番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3127番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3127番歌

第12巻
歌番号 3127番歌
作者 作者不詳
題詞 羇旅發思
原文 度會 大川邊 若歴木 吾久在者 妹戀鴨
訓読 度会の大川の辺の若久木我が久ならば妹恋ひむかも
かな わたらひの おほかはのへの わかひさぎ わがひさならば いもこひむかも
英語(ローマ字) WATARAHINO OHOKAHANOHENO WAKAHISAGI WAGAHISANARABA IMOKOHIMUKAMO
度会郡を流れる大川の辺の若久木、わが旅が久しくなれば私の彼女は私を恋しく思うだろうな。
左注 (右四首柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、三重県、伊勢、植物、序詞、恋愛、羈旅
タイトルとURLをコピーしました