万葉集 第12巻 2970番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2970番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2970番歌

第12巻
歌番号 2970番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 桃花褐 淺等乃衣 淺尓 念而妹尓 将相物香裳
訓読 桃染めの浅らの衣浅らかに思ひて妹に逢はむものかも
かな ももそめの あさらのころも あさらかに おもひていもに あはむものかも
英語(ローマ字) MOMOSOMENO ASARANOKOROMO ASARAKANI OMOHITEIMONI AHAMUMONOKAMO
桃色に染めた薄色の着物。その浅い気持で私が彼女に逢うことなどあろうか。
左注
校異
用語 恋情、衣、序詞
タイトルとURLをコピーしました