万葉集 第12巻 2971番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2971番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2971番歌

第12巻
歌番号 2971番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 大王之 塩焼海部乃 藤衣 穢者雖為 弥希将見毛
訓読 大君の塩焼く海人の藤衣なれはすれどもいやめづらしも
かな おほきみの しほやくあまの ふぢころも なれはすれども いやめづらしも
英語(ローマ字) OHOKIMINO SHIHOYAKUAMANO FUDIKOROMO NAREHASUREDOMO IYAMEDURASHIMO
大君(おほきみ)がお召しになる塩。その塩を焼く海女が着ている藤衣のようによれよれになってすっかりなじんだ彼女だけど、それでもますます可愛い。
左注
校異
用語 枕詞、序詞、衣、恋愛
タイトルとURLをコピーしました