万葉集 第12巻 2996番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2996番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2996番歌

第12巻
歌番号 2996番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 白香付 木綿者花物 事社者 何時之真枝毛 常不所忘
訓読 しらかつく木綿は花もの言こそばいつのまえだも常忘らえね
かな しらかつく ゆふははなもの ことこそば いつのまえだも つねわすらえね
英語(ローマ字) SHIRAKATSUKU YUFUHAHANAMONO KOTOKOSOBA ITSUNOMAEDAMO TSUNEWASURAENE
白香(しらか)を付けた木綿花は華やかだけど飾り物。あなたのかけて下さる言葉、ずっと以前にかけて下さった言葉も忘れられませんわ。
左注
校異 枝 [万葉考](塙)(楓) 坂
用語 植物、枕詞、怨恨、
タイトルとURLをコピーしました