万葉集 第12巻 3068番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3068番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3068番歌

第12巻
歌番号 3068番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 水茎之 岡乃田葛葉緒 吹變 面知兒等之 不見比鴨
訓読 水茎の岡の葛葉を吹きかへし面知る子らが見えぬころかも
かな みづくきの をかのくずはを ふきかへし おもしるこらが みえぬころかも
英語(ローマ字) MIDUKUKINO WOKANOKUZUHAWO FUKIKAHESHI OMOSHIRUKORAGA MIENUKOROKAMO
瑞々しい葛葉が吹き返されて裏が白く見えるように、色白の見知った彼女は最近姿を見せないなあ。
左注
校異
用語 植物、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました