万葉集 第12巻 3067番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3067番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3067番歌

第12巻
歌番号 3067番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 谷迫 峯邊延有 玉葛 令蔓之<有>者 年二不来友 [一云 石葛 令蔓之有者]
訓読 谷狭み嶺辺に延へる玉葛延へてしあらば年に来ずとも [一云 岩つなの延へてしあらば]
かな たにせまみ みねへにはへる たまかづら はへてしあらば としにこずとも [いはつなの はへてしあらば]
英語(ローマ字) TANISEMAMI MINEHENIHAHERU TAMAKADURA HAHETESHIARABA TOSHINIKOZUTOMO [IHATSUNANO HAHETESHIARABA]
谷が狭いので峰に向かって伸びる玉葛、伸びてつながっていれば、一年間お見えにならなくとも。
左注
校異 <> 有 [元][類][紀]
用語 異伝、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました