万葉集 第12巻 3167番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3167番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3167番歌

第12巻
歌番号 3167番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 浪間従 雲位尓所見 粟嶋之 不相物故 吾尓所依兒等
訓読 波の間ゆ雲居に見ゆる粟島の逢はぬものゆゑ我に寄そる子ら
かな なみのまゆ くもゐにみゆる あはしまの あはぬものゆゑ わによそるこら
英語(ローマ字) NAMINOMAYU KUMOゐNIMIYURU AHASHIMANO AHANUMONOYUゑ WANIYOSORUKORA
波の間からかかった雲ごしに見える粟島。その名のごとく逢わないでいるのに、私に寄り添うあの子と噂を立てられている。
左注
校異
用語 羈旅、地名、序詞、うわさ、恋愛
タイトルとURLをコピーしました