万葉集 第12巻 3005番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3005番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3005番歌

第12巻
歌番号 3005番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 十五日 出之月乃 高々尓 君乎座而 何物乎加将念
訓読 十五日に出でにし月の高々に君をいませて何をか思はむ
かな もちのひに いでにしつきの たかたかに きみをいませて なにをかおもはむ
英語(ローマ字) MOCHINOHINI IDENISHITSUKINO TAKATAKANI KIMIWOIMASETE NANIWOKAOMOHAMU
十五夜の満月のように高々と待っていたあなたがいらっしゃって、もう何も思うことはありません。
左注
校異
用語 序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました