万葉集 第12巻 3004番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3004番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3004番歌

第12巻
歌番号 3004番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 久堅之 天水虚尓 照<月>之 将失日社 吾戀止目
訓読 久方の天つみ空に照る月の失せなむ日こそ我が恋止まめ
かな ひさかたの あまつみそらに てるつきの うせなむひこそ あがこひやまめ
英語(ローマ字) HISAKATANO AMATSUMISORANI TERUTSUKINO USENAMUHIKOSO AGAKOHIYAMAME
あの空に照り輝いている月が消えてなくなる日があれば私の恋心もおさまるだろうに。
左注
校異 日 月 [西(右書)][元][類]
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました