万葉集 第12巻 3151番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3151番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3151番歌

第12巻
歌番号 3151番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 外耳 君乎相見而 木綿牒 手向乃山乎 明日香越将去
訓読 外のみに君を相見て木綿畳手向けの山を明日か越え去なむ
かな よそのみに きみをあひみて ゆふたたみ たむけのやまを あすかこえいなむ
英語(ローマ字) YOSONOMINI KIMIWOAHIMITE YUFUTATAMI TAMUKENOYAMAWO ASUKAKOEINAMU
ひとごとのようにあなたを見ていましたが、ゆふだたみ手向けの山を明日にでも越えて行ってしまわれるのね。
左注
校異
用語 枕詞、羈旅、遊行女婦、恋情
タイトルとURLをコピーしました