万葉集 第12巻 3100番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3100番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3100番歌

第12巻
歌番号 3100番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 不想乎 想常云者 真鳥住 卯名手乃<社>之 神<思>将御知
訓読 思はぬを思ふと言はば真鳥住む雲梯の杜の神し知らさむ
かな おもはぬを おもふといはば まとりすむ うなてのもりの かみししらさむ
英語(ローマ字) OMOHANUWO OMOFUTOIHABA MATORISUMU UNATENOMORINO KAMISHISHIRASAMU
思ってもいないのに思っていると言えば、その偽りを鷲の住む雲梯(うなて)の杜(もり)の神様がお見通していらっしゃる。私は嘘偽りは申しません。
左注
校異 杜 社 [元][類][温] / 忌 思 [元][古][紀]
用語 怨恨、皮肉、恋愛、動物、地名、橿原市、奈良
タイトルとURLをコピーしました