万葉集 第12巻 3035番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3035番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3035番歌

第12巻
歌番号3035番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文暁之 朝霧隠 反羽二 如何戀乃 色<丹>出尓家留
訓読暁の朝霧隠りかへらばに何しか恋の色に出でにける
かなあかときの あさぎりごもり かへらばに なにしかこひの いろにいでにける
英語(ローマ字)AKATOKINO ASAGIRIGOMORI KAHERABANI NANISHIKAKOHINO IRONIIDENIKERU
明け方の朝に隠っている霧のように、ひそかに恋をしていたのに、かえって、恋いをしていることが表に出てしまった。どうしてなんだろう。
左注
校異舟 丹 [西(訂正)][元][類][紀]
用語恋情
タイトルとURLをコピーしました