万葉集 第12巻 3036番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3036番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3036番歌

第12巻
歌番号 3036番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 思出 時者為便無 佐保山尓 立雨霧乃 應消所念
訓読 思ひ出づる時はすべなみ佐保山に立つ雨霧の消ぬべく思ほゆ
かな おもひいづる ときはすべなみ さほやまに たつあまぎりの けぬべくおもほゆ
英語(ローマ字) OMOHIIDURU TOKIHASUBENAMI SAHOYAMANI TATSUAMAGIRINO KENUBEKUOMOHOYU
思い出すとどうしようもなく、佐保山に立つ雨霧が消えてゆくように、この身も消えてしまいたいと思う。
左注
校異
用語 地名、奈良、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました