万葉集 第12巻 3218番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3218番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3218番歌

第12巻
歌番号 3218番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答歌)
原文 <旦>々 筑紫乃方乎 出見乍 哭耳吾泣 痛毛為便無三
訓読 朝な朝な筑紫の方を出で見つつ音のみぞ我が泣くいたもすべなみ
かな あさなさな つくしのかたを いでみつつ ねのみぞあがなく いたもすべなみ
英語(ローマ字) ASANASANA TSUKUSHINOKATAWO IDEMITSUTSU NENOMIZOAGANAKU ITAMOSUBENAMI
毎朝、毎朝、筑紫の方向を立って出て見ながら、私は声をあげて泣くばかり。もうどうしようもなくて。
左注 右二首
校異 且 旦 [元][類][紀][矢]
用語 羈旅、恋情、地名、福岡、九州
タイトルとURLをコピーしました