万葉集 第12巻 2967番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2967番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2967番歌

第12巻
歌番号 2967番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 年之經者 見管偲登 妹之言思 衣乃<縫>目 見者哀裳
訓読 年の経ば見つつ偲へと妹が言ひし衣の縫目見れば悲しも
かな としのへば みつつしのへと いもがいひし ころものぬひめ みればかなしも
英語(ローマ字) TOSHINOHEBA MITSUTSUSHINOHETO IMOGAIHISHI KOROMONONUHIME MIREBAKANASHIMO
何年か経ったら、縫目を見て私を偲んで下さい、と言ったっけ。もうあの子はいないが、着物の縫目を見ると悲しくてたまらない。
左注
校異 継 縫 [西(訂正右書)][元][古][紀]
用語 恋情、形見、衣、羈旅
タイトルとURLをコピーしました