万葉集 第12巻 2968番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2968番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2968番歌

第12巻
歌番号 2968番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 橡之 一重衣 裏毛無 将有兒故 戀渡可聞
訓読 橡の一重の衣うらもなくあるらむ子ゆゑ恋ひわたるかも
かな つるはみの ひとへのころも うらもなく あるらむこゆゑ こひわたるかも
英語(ローマ字) TSURUHAMINO HITOHENOKOROMO URAMONAKU ARURAMUKOYUゑ KOHIWATARUKAMO
橡(つるはみ)の裏のない一重の着物のように裏表のない子だからこそ、私は恋続けているのかも。
左注
校異
用語 衣、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました