万葉集 第12巻 2867番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2867番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2867番歌

第12巻
歌番号 2867番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 如是許 将戀物其跡 知者 其夜者由多尓 有益物乎
訓読 かくばかり恋ひむものぞと知らませばその夜はゆたにあらましものを
かな かくばかり こひむものぞと しらませば そのよはゆたに あらましものを
英語(ローマ字) KAKUBAKARI KOHIMUMONOZOTO SHIRAMASEBA SONOYOHAYUTANI ARAMASHIMONOWO
恋というものがこんなにも恋しいものだと知っていれば、あの日の夜はもっとゆったりしていればよかった。
左注
校異
用語 恋情、未練