万葉集 第12巻 3171番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3171番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3171番歌

第12巻
歌番号 3171番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 難波方 水手出船之 遥々 別来礼杼 忘金津毛
訓読 難波潟漕ぎ出る舟のはろはろに別れ来ぬれど忘れかねつも
かな なにはがた こぎづるふねの はろはろに わかれきぬれど わすれかねつも
英語(ローマ字) NANIHAGATA KOGIDURUFUNENO HAROHARONI WAKAREKINUREDO WASUREKANETSUMO
難波潟を漕ぎ出してあの子と別れ、舟ははるばるやってきたが、あの子が忘れられない。
左注
校異
用語 羈旅、大阪、序詞、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました