万葉集 第12巻 3148番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3148番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3148番歌

第12巻
歌番号3148番歌
作者作者不詳
題詞(羇旅發思)
原文玉釼 巻寝志妹乎 月毛不經 置而八将越 此山岫
訓読玉釧まき寝し妹を月も経ず置きてや越えむこの山の崎
かなたまくしろ まきねしいもを つきもへず おきてやこえむ このやまのさき
英語(ローマ字)TAMAKUSHIRO MAKINESHIIMOWO TSUKIMOHEZU OKITEYAKOEMU KONOYAMANOSAKI
玉釧(たまくしろ)を腕に巻くように、新妻を抱いて寝て、ひと月も経たないのにその新妻を置いてこの山の崎を越えて行かねばならないのか。
左注
校異
用語枕詞、羈旅、恋情、望郷、臨場表現
タイトルとURLをコピーしました