万葉集 第12巻 3006番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3006番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3006番歌

第12巻
歌番号 3006番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 月夜好 門尓出立 足占為而 徃時禁八 妹二不相有
訓読 月夜よみ門に出で立ち足占して行く時さへや妹に逢はずあらむ
かな つくよよみ かどにいでたち あしうらして ゆくときさへや いもにあはずあらむ
英語(ローマ字) TSUKUYOYOMI KADONIIDETACHI ASHIURASHITE YUKUTOKISAHEYA IMONIAHAZUARAMU
月が美しい月夜なので門に出て立ち、足占が吉と出て向かう時さえ彼女に逢えない時もある。
左注
校異
用語 恋情、不安、占い
タイトルとURLをコピーしました