万葉集 第12巻 3007番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3007番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3007番歌

第12巻
歌番号 3007番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 野干玉 夜渡月之 清者 吉見而申尾 君之光儀乎
訓読 ぬばたまの夜渡る月のさやけくはよく見てましを君が姿を
かな ぬばたまの よわたるつきの さやけくは よくみてましを きみがすがたを
英語(ローマ字) NUBATAMANO YOWATARUTSUKINO SAYAKEKUHA YOKUMITEMASHIWO KIMIGASUGATAWO
夜、天空をわたっていく月が美しく澄み渡っていれば、よく見られただろうにあなた様のお姿が。
左注
校異
用語 枕詞、恋情、後朝、女歌
タイトルとURLをコピーしました