万葉集 第12巻 3129番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3129番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3129番歌

第12巻
歌番号 3129番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 櫻花 開哉散 <及>見 誰此 所見散行
訓読 桜花咲きかも散ると見るまでに誰れかもここに見えて散り行く
かな さくらばな さきかもちると みるまでに たれかもここに みえてちりゆく
英語(ローマ字) SAKURABANA SAKIKAMOCHIRUTO MIRUMADENI TAREKAMOKOKONI MIETECHIRIYUKU
桜の花は咲いたかと思ったら散っていくと見えるほどだが、どの人々もここに現れたかと思うと散っていく。
左注 (右四首柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異 乃 及 [元][紀][細]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました