万葉集 第12巻 3076番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3076番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3076番歌

第12巻
歌番号 3076番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 住吉之 敷津之浦乃 名告藻之 名者告而之乎 不相毛恠
訓読 住吉の敷津の浦のなのりその名は告りてしを逢はなくも怪し
かな すみのえの しきつのうらの なのりその なはのりてしを あはなくもあやし
英語(ローマ字) SUMINOENO SHIKITSUNOURANO NANORISONO NAHANORITESHIWO AHANAKUMOAYASHI
住吉(すみのえ)の敷津の浦のなのりそといいますが、名のってはいけないその大切な名をお教えしたのに、逢ってくださらないのはなぜかしら。
左注
校異
用語 地名、大阪、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました