万葉集 第12巻 3155番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3155番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3155番歌

第12巻
歌番号 3155番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 悪木山 木<末>悉 明日従者 靡有社 妹之當将見
訓読 悪木山木末ことごと明日よりは靡きてありこそ妹があたり見む
かな あしきやま こぬれことごと あすよりは なびきてありこそ いもがあたりみむ
英語(ローマ字) ASHIKIYAMA KONUREKOTOGOTO ASUYORIHA NABIKITEARIKOSO IMOGAATARIMIMU
悪木山よ。梢という梢ことごとく明日からは風に靡いておくれよな、彼女が住んでいる辺りを見たいから。
左注
校異 未 末 [元][類][古][紀]
用語 地名、福岡県、恋情、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました