万葉集 第12巻 3156番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3156番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3156番歌

第12巻
歌番号 3156番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 鈴鹿河 八十瀬渡而 誰故加 夜越尓将越 妻毛不在君
訓読 鈴鹿川八十瀬渡りて誰がゆゑか夜越えに越えむ妻もあらなくに
かな すずかがは やそせわたりて たがゆゑか よごえにこえむ つまもあらなくに
英語(ローマ字) SUZUKAGAHA YASOSEWATARITE TAGAYUゑKA YOGOENIKOEMU TSUMAMOARANAKUNI
鈴鹿川を何度も渡ってこうして夜道を越えて通ってくるのはいったい誰ゆえなんだろう。妻でもないのに。
左注
校異
用語 地名、三重県、羈旅、恋愛
タイトルとURLをコピーしました