万葉集 第12巻 3157番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3157番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3157番歌

第12巻
歌番号 3157番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 吾妹兒尓 又毛相海之 安河 安寐毛不宿尓 戀度鴨
訓読 我妹子にまたも近江の安の川安寐も寝ずに恋ひわたるかも
かな わぎもこに またもあふみの やすのかは やすいもねずに こひわたるかも
英語(ローマ字) WAGIMOKONI MATAMOAFUMINO YASUNOKAHA YASUIMONEZUNI KOHIWATARUKAMO
いとしいあの子にまたも逢えるという近江の野洲の川、その名のように安らかに寝ることが出来ず恋い焦がれ続けている。
左注
校異
用語 地名、滋賀、序詞、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました