万葉集 第12巻 3157番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3157番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3157番歌

第12巻
歌番号 3157番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 吾妹兒尓 又毛相海之 安河 安寐毛不宿尓 戀度鴨
訓読 我妹子にまたも近江の安の川安寐も寝ずに恋ひわたるかも
かな わぎもこに またもあふみの やすのかは やすいもねずに こひわたるかも
英語(ローマ字) WAGIMOKONI MATAMOAFUMINO YASUNOKAHA YASUIMONEZUNI KOHIWATARUKAMO
いとしいあの子にまたも逢えるという近江の野洲の川、その名のように安らかに寝ることが出来ず恋い焦がれ続けている。
左注
校異
用語 地名、滋賀、序詞、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました