万葉集 第12巻 2885番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2885番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2885番歌

第12巻
歌番号 2885番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 左夜深而 妹乎念出 布妙之 枕毛衣世二 <嘆>鶴鴨
訓読 さ夜更けて妹を思ひ出で敷栲の枕もそよに嘆きつるかも
かな さよふけて いもをおもひいで しきたへの まくらもそよに なげきつるかも
英語(ローマ字) SAYOFUKETE IMOWOOMOHIIDE SHIKITAHENO MAKURAMOSOYONI NAGEKITSURUKAMO
夜更けになって彼女を思い出し、真っ白な枕がぎしぎし音を立てるほど嘆いた。
左注
校異 歎 嘆 [元][紀][細][温]
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました