万葉集 第12巻 3172番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3172番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3172番歌

第12巻
歌番号 3172番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 浦廻榜 <熊>野舟附 目頬志久 懸不思 月毛日毛無
訓読 浦廻漕ぐ熊野舟つきめづらしく懸けて思はぬ月も日もなし
かな うらみこぐ くまのぶねつき めづらしく かけておもはぬ つきもひもなし
英語(ローマ字) URAMIKOGU KUMANOBUNETSUKI MEDURASHIKU KAKETEOMOHANU TSUKIMOHIMONASHI
浦に沿って漕ぐ熊野舟の様子が目立つと同様、愛しいあの子を心に懸けない時はなく、一日でもひと月でも思い続けている。
左注
校異 能 熊 [代匠記初校本]
用語 序詞、羈旅、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました