万葉集 第12巻 3063番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3063番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3063番歌

第12巻
歌番号 3063番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 淺茅原 小野尓標結 空言毛 将相跡令聞 戀之名種尓
訓読 浅茅原小野に標結ふ空言も逢はむと聞こせ恋のなぐさに
かな あさぢはら をのにしめゆふ むなことも あはむときこせ こひのなぐさに
英語(ローマ字) ASADIHARA WONONISHIMEYUFU MUNAKOTOMO AHAMUTOKIKOSE KOHINONAGUSANI
小野に生えている浅茅原に標を張るというように、嘘でもいいから「逢おう」と言って下されば、恋のなぐさめになります[或本歌曰 行くよとおっしゃって下されば、お待ちするのに]。
左注 或本歌曰 将来知志 君矣志将待 又見柿本朝臣人麻呂歌集 然落<句小>異耳
校異 勺少 句小 [元][類]
用語 恋情、異伝、柿本人麻呂歌集
スポンサーリンク

第12巻 3063S1番歌(異伝歌1)

題詞 (寄物陳思)或本歌曰
原文 将来知志 君矣志将待
訓読 来むと知らせし君をし待たむ
かな こむとしらせし きみをしまたむ
英語(ローマ字) KOMUTOSHIRASESHI KIMIWOSHIMATAMU
「行くぞ」との使い言葉。待っています。
左注 又見柿本朝臣人麻呂歌集 然落<句小>異耳
校異
用語 異伝、恋情
タイトルとURLをコピーしました