万葉集 第12巻 3144番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3144番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3144番歌

第12巻
歌番号3144番歌
作者作者不詳
題詞(羇旅發思)
原文客夜之 久成者 左丹頬合 紐開不離 戀流比日
訓読旅の夜の久しくなればさ丹つらふ紐解き放けず恋ふるこのころ
かなたびのよの ひさしくなれば さにつらふ ひもときさけず こふるこのころ
英語(ローマ字)TABINOYONO HISASHIKUNAREBA SANITSURAFU HIMOTOKISAKEZU KOFURUKONOKORO
旅の夜が随分続き、妻の着物の紐の解き方も(忘れて)彼女を恋い焦がれるばかり。
左注
校異
用語羈旅、枕詞、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました