万葉集 第12巻 3214番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3214番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3214番歌

第12巻
歌番号 3214番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答歌)
原文 十月 <雨>間毛不置 零尓西者 誰里<之> 宿可借益
訓読 十月雨間も置かず降りにせばいづれの里の宿か借らまし
かな かむなづき あままもおかず ふりにせば いづれのさとの やどかからまし
英語(ローマ字) KAMUNADUKI AMAMAMOOKAZU FURINISEBA IDURENOSATONO YADOKAKARAMASHI
このしぐれが止むこともなく降り続けば、どこの里で宿を借りたらいいのだろう。
左注 右二首
校異 々 雨 [元][紀][温] / 之間 之 [元][類]
用語 羈旅
タイトルとURLをコピーしました