万葉集 第12巻 3215番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3215番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3215番歌

第12巻
歌番号 3215番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答歌)
原文 白妙乃 袖之別乎 難見為而 荒津之濱 屋取為鴨
訓読 白栲の袖の別れを難みして荒津の浜に宿りするかも
かな しろたへの そでのわかれを かたみして あらつのはまに やどりするかも
英語(ローマ字) SHIROTAHENO SODENOWAKAREWO KATAMISHITE ARATSUNOHAMANI YADORISURUKAMO
ここであの子と袖の別れをし難くて、荒津の浜で宿を取ることにした。
左注 (右二首)
校異
用語 地名、福岡、出発、惜別、羈旅、恋情
タイトルとURLをコピーしました