万葉集 第12巻 2916番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2916番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2916番歌

第12巻
歌番号 2916番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 玉勝間 相登云者 誰有香 相有時左倍 面隠為
訓読 玉かつま逢はむと言ふは誰れなるか逢へる時さへ面隠しする
かな たまかつま あはむといふは たれなるか あへるときさへ おもかくしする
英語(ローマ字) TAMAKATSUMA AHAMUTOIFUHA TARENARUKA AHERUTOKISAHE OMOKAKUSHISURU
逢おうとおっしゃるのはどなた。逢っている時さえ顔を隠している。
左注
校異
用語 枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました