万葉集 第12巻 2977番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2977番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2977番歌

第12巻
歌番号 2977番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 何故可 不思将有 紐緒之 心尓入而 戀布物乎
訓読 何ゆゑか思はずあらむ紐の緒の心に入りて恋しきものを
かな なにゆゑか おもはずあらむ ひものをの こころにいりて こほしきものを
英語(ローマ字) NANIYUゑKA OMOHAZUARAMU HIMONOWONO KOKORONIIRITE KOHOSHIKIMONOWO
どうして思わずにいられよう。紐の緒がしっかり心に食い込むように、あの人が恋しくてたまらないのに。
左注
校異
用語 紐、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました