万葉集 第12巻 2978番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2978番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2978番歌

第12巻
歌番号 2978番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 真十鏡 見座吾背子 吾形見 将持辰尓 将不相哉
訓読 まそ鏡見ませ我が背子我が形見待てらむ時に逢はざらめやも
かな まそかがみ みませわがせこ わがかたみ まてらむときに あはざらめやも
英語(ローマ字) MASOKAGAMI MIMASEWAGASEKO WAGAKATAMI MATERAMUTOKINI AHAZARAMEYAMO
この鏡をごらん下さい、あなた。これを私の形見だと思って持っていらっしゃればもう逢えないなんてことがありましょうか、きっと逢えますもの。
左注
校異
用語 枕詞、恋情、女歌、鏡
タイトルとURLをコピーしました